(28)レポート28回目は沖仁さん!!

2016.12.05

(28)レポート28回目は沖仁さん!!

熱心な音楽コアファンの中でも注目、ミュージシャンズミージシャンとしても名高く、とりわけ女性ファンも多い、今もっとも注目度の高いミュージシャン沖仁さんにご登壇頂きました。 会場(教室)で目に付いたのは教壇椅子ではなく、ギター演奏に適したハイチェアーがセンターに設置されていた事、ギターも足元右サイドに置かれ、受講生はその雰囲気に高揚感が高まります。
講座は、沖仁さんが体感されて来たこと、フラメンコから影響されて来たことなどを中心に、時系列を追って説明されました。
dsc05827dsc05848
先ずは何よりギターとの出会い。多分に洩れず多感期の少年誰もが憧れるように、エレキギターからの入門だそうです。影響されたアーティストはBoowy,洋楽はGuns &Roses,Mr.BIGなどなど。オリジナル曲を一緒に演奏できるメンバーに恵まれず、一人でも成り立つアコースティック系のギターに転向して行ったそうです。その後そんな少年は語学留学でカナダへ向かいますが、アコギを探していたところ、スティール弦のアコギではなく、ナイロン弦を張った$600のフラメンコギターに釘付けになります。これが運命の出会いとなって沖仁さんのミュージシャン人生は決定付けられて行きます。その後フラメンコに完璧にハマり、楽器店の壁に吊るされた、偶然出会った$600のフラメンコギターによって、本場スペインへまで導かれて行きます。

スペインでは代表的な2か所、セビージャとへレスに滞在しますが、血の濃い、アグレシブなセビージャと違い、愛情豊かな、包容力があるへレスでまさにスペインの虜になったのです。そこでまさに体験してきた事・生活そのものが沖仁さんの音楽に繋がって行ったと仰っていました。講座ではその当時の演奏セッション風景や、滞在していたアパートの写真までもが公開されました。最初緊張していた受講生のみなさんもその風景を見ることでさらに教室は和んで行きます。
dsc05814
dsc05844
その後、帰国後の沖仁さんの活躍は、もはや定番ともなった「情熱大陸」や、マヌエル・エル・アグへ―タとの出会いを扱ったNHK特番で知れ渡って行きます。とても広いファン層に支持されているミュージシャンとして今の日本の音楽シーンにおいても非常に稀有な存在となっています。
dsc05845
ふと気がついたこと、それは講座の中で紹介されて来たフラメンコの名曲や、アーティスト・パフォーマンスの数々は、とても濃い、民族的な、そして日本人には絶対到達出来ないパフォーマンスばかりの印象でした。これらの影響を真正面から受けてきたからこそ、ミューシャン沖仁さんが存在するような気がします。私たちの知るあの温厚な人柄そのものは、現実のスペインに向き合う事から生まれて来たのではないでしょうか。そんな音楽遍歴とフラメンコの魅力を体感出来た、内容の充実した90分の講座になりました。
沖仁さん ホームぺ―ジはこちらをご覧ください http://tone.jp/news/okijin/