(37)レポート37回目は大沢伸一さん!

2016.12.16

(37)レポート37回目は大沢伸一さん!

なんと、本邦初でした!!

【世界のサウンドトレンドを発信続けるクリエイター大沢伸一の”音楽の作り方“大公開】

という内容で行われた、大沢伸一氏による音楽制作講座。

この日のために、前日から機材を持ち込み、普段、大沢さんが制作時に欠かせないセットを組んで行われました。

テーマは”テーマを決めずに自由に、無意識下で楽曲作るということ”

「なんでもいいんですよ。ほんとに。好きか嫌いか、でしかないですね」

楽曲を作るという大義に頭を固くしている(であろう)受講生さんたちの価値観を冒頭から砕いていきます。

まず、受講生さんに持ち込んでもらった自作の音源を取りこみ、それをベースにどんどん楽曲を構築していきます。

ランダムに並べたデータに合わせて、気ままにセレクトした個所の音を鳴らしていきます。

その時点でもはや原型はとどめていません。

また、用いたい個所(たとえば、イントロやサビなど)も決めない。

「全く無意識の中から生まれた“音”ということに、僕は意味を感じるんです」

と、偶然のたまもののように音楽制作をされていましたが、やはり、聴こえてくる音を聴いて

「あ、これはメロディになるかも」「BASSとして採用できるかも」など、都度アイデアが湧きあがり、

どんどん舵をきっていくその姿は、クリエイターそのものでした。

それは、いかに日々のインプットが必要なのかということだと思います。

「音楽家は音楽を聴くことで栄養を採らないとだめです。そういう意味で僕は常に新しい音楽を聴ける環境に自分をおきます。」

音楽だけでなく、映画や本にも多く触れられるという大沢さん。

緊張した受講生さんたちに、笑いを交えながらお話される姿は、さすがエンターテイナーだな、と感じました。

一流のお仕事を垣間見れる90分でした。