いしわたり淳治

2016.07.16

いしわたり淳治

97年SUPERCARのメンバーとしてデビュー。05年の解散後は作詞家としてsuperfly『愛を込めて花束を』、少女時代『PAPARAZZI』などジャンルを問わず数多くの楽曲を手掛ける一方、音楽プロデューサーとしてチャットモンチーや9mm Parabellum
Bullet、NICO Touches the Walls 、GLIM SPANKYなど現在のロックシーンには欠かせない存在となった数多くのアーティストを手掛ける。07 年には小説・エッセイ集「うれしい悲鳴をあげてくれ」を出版。雑誌等への執筆も行っている。